Background Image for Marks and Spencer ケーススタディ

Marks and Spencer ケーススタディ

ハイストリート(繁華街)における課題

将来的シナリオを予測することによる複雑な決定事項へのサポート

課題

ハイストリート(繁華街)リテーラーであり様々な事業形態及びロケーションをもち、十分な文書化を行うことが課題であった。M&Sからのリクエストは食料品店のイメージからの脱却、また衣料品及びホーム用品パフォーマンスの主軸となる商品サービスを把握するためのサポートであった。M&Aは現状を把握し、以降も変化に伴い最適なネットワークの青写真を描き続けることであった。

アプローチ

  • 厳格で客観的な事実及び一貫したアプローチによる効率的なセレクション及び売上予測プロセスの作成
  • 最適なネットワーク構築のための衣料品・ホームエステイトの主軸商品サービス及び集客地域の理解
  • M&Sモデリングツールキット作成のための既存データ及びカスタムモデルの統合
  • ネットワーク戦略をサポートし将来の青写真を描くために複数の」国、地域シナリオをバルクにて稼働

成果

Geolytiとの共同作業を経てカスタマイズされたツールセットにより、戦略をプロアクティブに策定し、如何なる仮説シナリオへも即回答が得られる様になった。Geolytixの分析及びアドバイスにより一貫したエビダンスベースが持てる様になり、このエビダンスベースによりネットワーク関連の決定が行える様になった。

Robert Morray, ロケーションプランニング部門長

さらに知りたい場合

Geolytixのチームは、ビジョン及び価値感を共有しておりており、ハッピーで、献身的、そして信頼のおけるスペシャリストで構成されております。

お問い合わせ