Background Image for Wickes ケーススタディ

Wickes ケーススタディ

将来的成功への計画

オムニチャネルランドスケープにおける店舗物件の最適化

課題

UKにおけるWickes店舗は200店以上であり、オンライン販売は増加傾向であるも大規模の実店舗をもつことが重要となっている。 マルチチャネルという環境の中、Wickesが新規店舗がお客様にどの様な影響を与えるか、また近隣のWickes店舗との競合につき理解をすることは不可欠である。ペンキを購入するお客様や高級キッチンを新調されるお客様がおられる中、どの様にこういった要素をこの予測モデルに取り込むべきか。

アプローチ

  • 顧客プロフィール及びWickes商品カテゴリー別顧客消費につき理解する
  • 小さな地域における需要サーフェスをカスタマイズする。
  • 二つの別モデルを構築
  • 主力のDIY売上を予測するためのグラビティモデル
  • キッチンと風呂場商品売上を考慮した空間回帰要素を含む混合モデル
  • 実例の詳細分析を行い新店舗開設により、同エリア競合店舗による売上カニバリゼーションがないか把握、検証を行う。

成果

Our priority was to build a consistent and accurate approach for forecasting sales cannibalisation across the estate. We’re delighted with the analysis and understanding GEOLYTIX have given us. Our knowledge of loyalty across customer types, catchments, impacts and expected store performance provides a factbase for us to make confident decisions from. We have a forecasting and mapping tool at our fingertips, that is used throughout our Property planning. And a team of experts a phone-call away for further help if we need!

Chris Sweeney, カスタマーインサイト 取締役 (Wickes)

さらに知りたい場合

Geolytixのチームは、ビジョン及び価値感を共有しておりており、ハッピーで、献身的、そして信頼のおけるスペシャリストで構成されております。

お問い合わせ